近畿・中国・四国支部 最新情報


2021年度 支部学術大会挨拶

このような時期と重なりましたが,本年度大会会長を深野秀明先生に引き受けていただきました.大会テーマを “予知性の高い歯科治療を目指して” とし,基調講演に咬合治療のレジェンドであらせられます本多正明先生が昨年度,近畿中国四国支部でどうしてもしておかなければならない話があると計画していた依頼講演をそのまま拝聴していただく事となり,本多先生の咬合理論を全国の先生に体験していただける素晴らしい機会となりました.普段はクローズな勉強会でしか語られない体験はこの時期ではまさにピンチはチャンスです.咬合再構成の長期安定症例を目指し,達成されている本多先生の世界にどっぷり浸かっていただけます.また,会員発表では例年,学術大会総会若手登竜門の部で賞を受賞してきた支部若手選抜予選や,支部が提唱し目指してきた歯科医師,歯科技工士,歯科衛生士,栄養士,コーディネーター,受付,助手など歯科に関わるすべの方々の予知性を高めるチームで行う歯科治療の“志”をぜひ拝聴していただけましたら幸いです.この機会に近畿中国四国支部の中をご覧になってみませんか,皆様のご参加心よりお待ち申し上げます.



日本顎咬合学会 近畿・中国・四国支部


Copyright (c) 日本顎咬合学会 近畿・中国・四国支部 All Rights Reserved.